に投稿 コメントを残す

水『家事編』

どーも、 Good life channelです!

ただいま水祭り真っ最中でして、今回が『3−2回目』になります(#マリオのステージみたいになってる)。ここまで続くと身近で見逃されがちな水の奥深さにビックリしております。今までは、

1回目:健康編(水の不足によるデメリットと驚くべき効果!について)

2回目:美容編(水はダイエットに効果があるのか?)

3回目:軟水、硬水(違いの理由や料理の使い分けなど)

とやってきまして、今回は前回の続きです。家事総集編だったんですが想像以上に(主に2人が)盛り上がった為収まりきらず、このように分けて撮っております。では、家事本編はどのような流れなんでしょう?

目次

  • 子育て、子供にはどっちの水がいいの?
  • お風呂、洗顔などベターはどっち

などとなっております。では早速やって参りましょう!

☆子育て編

おさらいしますと、軟水は硬水よりミネラル分が少ないものです。そこで、軟水は胃腸が未発達な赤ちゃんや、胃腸器官が強くない人にはおすすめです。深掘りすると、硬水はミネラル分が多いものであり、ミネラル分はマグネシウムとカルシウムを指します。このマグネシウムは市販の下剤にも使われる成分なので、胃腸に負担をかけたりお腹を下す可能性があるのです。つまりこのことから子供や胃腸が弱い人に安心なのは軟水です。お子様にお水を買ってあげる時は買うときはできるだけ軟水を選んであげましょう。スーパーなどで買う場合などは悩んでしまうと思うのですが、日本のメーカー(いろはすなど)は軟水の方が多く、英語表記(クリスタルガイザー、ボルビック)は硬水の方が多いのでこれを参考にしていただくと選びやすいと思います(もちろん例外もありますが)。プラスして、日本で売られている市販のミルクは軟水で溶くことを想定されているので、ここも注意してあげると尚Goodです。

今は体内に摂取する飲み物の話でしたが、外からの刺激はどうなのでしょう?

☆お風呂や洗顔にはどっちを使ったらいいのー?

結論からいっちゃいますが、ずばり『軟水』です!

肌も髪の毛もです。みなさま、ヨーロッパや海外(硬水の地域)へ旅行されたことはありますか?もしあれば思い出していただきたいのですが、向こうでお風呂に入ってだんだん日が経つと髪の毛が軋んできた経験はありませんか?

まさにこれが軟水を普段使っている日本人がぶつかる問題なんです。

向こうは地形の関係から硬水なので、そのミネラル分が髪の毛や肌の刺激物となり荒れる原因になってしまうのです…。向こうでいちいち軟水を買うのはナンセンスなので、トリートメントだったりきちんとケアをしてあげましょう。

さらに乾燥肌の人は要注意です。慣れない水で洗うとこれも荒れる原因となってしまいます。これは死活問題ですよね…。これもスーパーなどで軟水を買ってあげるなどして対策しましょう。硬水は美容の大敵なんですねー。

2人もヨーロッパへ行ったときにこの問題にぶつかり苦い記憶があります…。今度ここを何とかしていきたいですね。

では体の内側、そして外側に触れてきましたが、次はお洋服の話です。普段着るものなのでここも気になりますよね?

☆洗濯物はどっちを使う?

答えは『軟水』です!(#硬水のライフはもう0よ…)

その理由は単純に、

  • 軟水は洗剤の泡立ちがいい
  • 硬水のミネラル分が洗剤の物質と結合し石鹸カスを作る
  • 硬水は洗浄力を下げる上に、そのカスが衣類を汚す

などのことがあります。

繰り返しますが日本は軟水です。しかし旅行などで行った時や将来暮らすことになった場合は対策が必要ですね。しかし対処法も実はあります!実際ドイツの生活用水は硬水でも、洗剤の力で軟水から軟水に変えている家庭もあるんです。海外行ったときは死ぬ気で探しましょう!笑

適材適所ではありますが、家事においては軟水のほうが有利かなぁという印象ですね。

☆まとめ

家事においてミネラルは悪影響が多いように思えますが、大前提として硬水:軟水で健康を大きく害するということはありません。生活する上で水自身もミネラルも大事な存在です。今回は豆知識としてよりGoodな生活を送れるように色々と紹介させていただきました。頭の片隅にでも入れておいて、いざ使うシーンがあった時思い出していただけたら嬉しいです。

では、4回と長く続いた『水』については一旦終了です(皆さま次第で次もあるかも…!?)。また次回をお楽しみにしていてください♪

それでは、GoodなLifeを!✨

に投稿 コメントを残す

水祭り第三弾:軟水、硬水について

どーも、Good life channelです。

今回は、

・第1回:健康編(飲むことでどんなメリットがあるのか?など)

・第2回:美容編(水にはダイエット効果ってあるの?)

に続き、もっともっと水について深掘りしていきます。そこで今回のテーマはよく聞くけど知ってるようで知らない…

▶︎『軟水、硬水』についてです!

「主婦の方にお勧め!!家事、料理時にどう使えば良いのー」編

ということでお届けしていきます。

目次

  • 軟水、硬水の違い
  • 『軟水、硬水どっちを使ったら良いのー?』クイズ
  • 家事、育児にはどっちを使ったら良いんでしょう?

では、早速やっていきましょう!

▶︎軟水と硬水の違い

この2つは聞いたことがあると思いますが、一体何が違うのでしょうか?結論から言うと、

含まれている『ミネラル分の違い

なんです!硬水の方がミネラル(=カルシウムやマグネシウム)を多く含んでまれています。それらの成分が少ないのが軟水なんですな。なるほど、そういう違いだったのか!😳

けれど、この基準は国によってまちまちなんです。意外ですよね!WHOの基準もずれてるのでアメリカやドイツでも各国で違っており、具体的に数値が決まってないんです。ただのザックリとした成分の違いだけなんです。

・土地によって違う?

日本が軟水、欧米が硬水」のイメージがあると思いますが、その通りです!ではどうしてこうなるかと言うと、日本は雨が多く、しかも火山の地層になってます。そして傾斜がキツいので、雨が降るとミネラルを含む前に川に流れてしまうんです。

しかし、欧米はカルシウムが豊富な石灰質な地層を地下水がゆっくり通り、水にミネラム分が多く含むのです。

そしてそしてなんと水道局曰く、『関東より関西の方が軟水の傾向』があるようなんです!とても繊細で奥が深いですよねー!

では、基本を学んだところで、次は実践クイズへと参りましょうー!

▶︎クイズ『料理には、軟水:硬水、どっち使ったら良いのー』

お待ちかね!違いを勉強したところで、実践クイズです!では早速やっていきます。答えを見ないよう、スクロールに注意してください😅

Q1.出汁を取るときは軟水:硬水どっちが良いでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜

A.軟水です!

鰹節ですと、ミネラルの多い硬水を使ってしまうと鰹の持っている旨味成分が上手く溶け出しにくいんです。さらにカルシウムなどが旨味成分と結合し灰汁の元になってしまうんです…。上手くにじみ出ないなんて意外ですよねー。。

Q2.ビーフシチューを作る際はどっちでしょう?

〜〜〜〜〜〜〜〜

A.硬水です!

なぜかと言うと、鰹節はミネラルがくっつき固くなったり灰汁になると言いましたが、今回はなんです!そのポイントは『お肉』。硬水に含まれるカルシウムがお肉を柔らかくする成分とくっついて、灰汁を排出する効果があるんです!!出汁だと灰汁を作り出す一方で、ポトフなどの煮込み料理やブロック状のお肉を使う時だと、お肉を柔らかくするために硬水を使ってあげると、灰汁も取れるしお魚と全く逆のプロセスが働くんですねー!

Q3.お米を炊く時はどっちを使った方が柔らかくなるでしょう?

〜〜〜〜〜〜〜〜

A.軟水です!

まずこの前提としてふっくら炊く時を想定しています。

どう言うことかというと、軟水は水に浸透しやすい効果があるので、炊飯時にふっくらとするんです。ただ、チャーハンやパエリアなどパラパラさせたい時は硬水を使った方がgoodです。料理ごとでも変わってくるんですねー。

Q4.パスタを茹でるときはどっちでしょう?

〜〜〜〜〜〜〜〜

A.硬水です!

パスタを茹でる時塩を入れますよね?あれは何のために入れているのでしょう。まず塩を入れるのは、考え方として『ミネラル』を入れているんです。冒頭でお話ししたように硬水には多くのミネラルが含まれております。よって硬水で作ることで塩を入れるのと同じ効果が期待できます!そして、では何故ミネラルを入れるかと言うと、ミネラル分がデンプン質と結合し、パスタ自体にコシやツヤが出るんです!味だけではなく、こういった理由もあったんですねー!

みなさま勉強になったでしょうか?ちょっと複雑で混乱しそうなのでまとめに入ります!

・まとめ

前半部分では二つの違いについてお話ししました。ここで覚えておきたいのは、

  • 2つの違いは『ミネラル分』の違い
  • 基準は所々で違う

ということです。

そして、実生活でも使える『料理クイズ』をまとめると、

  • 出汁⇨軟水
  • ビーフシチュー⇨硬水
  • お米を炊く時⇨軟水
  • パスタを茹でる時⇨硬水

です!こうして軟水や硬水が出てくるとこんがらがりますよね?しかし、簡単に覚えられるコツがあります。それは『日本食は軟水、欧米料理は硬水』と覚えていただくと概ね上手くいきます。あとジャガイモやかぼちゃとか煮込み料理(煮物)においては、軟水の方が味が染み込みます。しかし煮崩れしたくないとき、またゴボウやレンコンのように食感を大事にしたい、残しておきたい時は硬水を使うとgoodです!

動画の冒頭では『家事:育児編』までいくと言ったんですが、ボリュームが多くなってきたので続きは後半に続きます。。次回をお楽しみにしててください♪

それでは皆さん、GoodなLifeを!✨

に投稿 コメントを残す

『水』第二弾![美容編]

どーも、Good Life Channelです!

先日から始まった水祭りですが、今回はお水と美容について話していきます。前回は『水と健康』と題して水から得られるメリットについてでしたが、今回はダイエットなどのお話です。

▶︎第1回動画

▶︎第2回動画

・水とダイエット

まず、水のメリットと聞いて『ダイエット効果がある」と思われた方も多いのではないでしょうか?実際モデルの方なども「よく水を飲んでます」と言っていたり、『水ダイエット』という言葉もあるくらいですからね。ではそれは本当なのか、見ていきましょう!

水の量を変えてみると…

まず一つ目なんですが、アメリカ人の普段1日に摂取する水の量は平均990mlらしいです。そこに230〜700ml飲む量を増やしてみると、総摂取カロリーが68〜205kcal減ったんですよ。この数字をどう見るかなんですが、皆さんは普段の食事からどのくらいのカロリーを摂取しているかご存知でしょうか?

摂取よりも消費が難しい…

例えば白米をお茶碗1杯分(140g)は、約235kcalです。なので効果の大きい人であれば、水を普段より多く飲むことでご飯一杯分近くセーブできることになります。ただ「ご飯1杯分なんて簡単に抑えることができる」と思われる方もいますよね?

そこで今度は運動に置き換えてみましょう。運動によるカロリーの消費量は皆さんご存知でしょうか?例えばウォーキングであれば、白米1杯分を消費するのになんと1時間半掛かります!非常に大変ですよね…。またサイクリングに置き換えるならば約30分なんですよ。これまたなかなかしんどい数値ですね。

上記のことから分かるように、運動でダイエットしようと考えてしまうと非常に効率が悪く大変です。ただ「運動は意味がない」と言っているわけではないので勘違いしないでください。運動には脳を活性化させたり様々なメリットがあるものの、「ダイエットには向いていない」ということです。そこで何が重要かというと、総摂取カロリーを抑えること。しかし人間は本能によって我慢することに向いていないので、自然と抑えることがダイエットには非常に重要なんです。

他にも食後にダイエット飲料を飲んだ人たちと水を飲んだ人たちを比較すると、24週間後に水を飲んだグループが1.2kg痩せておりました。ここでダイエット飲料は何を飲んだか定かではありませんが、おそらく水のほうが低コストかと思われます。よってメリットが定かではないダイエット飲料を飲むよりかは、多くのメリットが発見されている水を飲んだほうがいいような気がします。

ただし、これらは肥満の方であったりするので、健康的な生活を送っている人や体型の人に当てはまるかはわかりません。でも今肥満で悩んでいる人であれば、ダイエット飲料などに頼るよりも多くの水を飲んでみることの方が期待はできそうです。

女性の大敵、むくみ問題

女性の間では、夕方になると「むくんできて大変」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?では、むくみとは一体どんな状態なのでしょう。それはザックリ言うと、

皮膚の下に余分な水分が滞っている状態

なのです。水分が滞ると血液の循環も鈍るわけですから、きちんと栄養素が巡らないなどよくない影響があります。ですが、余分な水分が溜まってしまっているから膨れ上がったりしてしまうかといって、ここで水分を摂らない選択はしないでください。前回からも話しているように、体内の水分量が少なくなるデメリットが働いてしまいます。では、どうすれば良いかというと、

体を温めたり、発汗すること

溜まった水分をうまく外に逃してあげるには、汗をかくことが重要になってきます。上手に外へ出し、失った水分を補って循環を促しましょう。また体を温めることも非常に大切。よく冷え性で悩まされてる方も多いと思いますが、冷え性も循環が悪くなる要因。これから冷房など使っていくと思いますが、出来るだけ冷やさないようにしていきたいです。そのために適度な運動をすることはもちろんよく、他には白湯なども飲んだりして体内から体を温めてあげましょう。しかしここで注意点。

カフェインやアルコールはほどほどに

先ほど循環を促し排出が大事と言いましたが、上記の二つは利尿作用が働きすぎて排出されすぎてしまいます。カフェインはメリットが大きいながら、適度に飲んであげましょう。アルコールに関してもよくあるのが『トイレタイム突入』。呑んだりしていると、後半あたりからトイレに行く回数が多くなることは誰でも一度は通る道ですよね…笑。そこで失った水分をアルコールで摂取すると負のスパイラルまっしぐらですのでくれぐれもご注意を。

他にも普段の生活から、栄養バランスを整えたり、ストレスケアもむくみには効きますのでここも意識してあげましょう。

水を飲む際気をつけたいこと

これまで見てきているように、水はメリットの塊です。しかし唯一注意しなければならないことがあります。それは、

『水中毒』

これが何かというと、一度に大量の水を飲むことによって起こる症状最悪の場合死に至ります。しかしそこまで怖がる必要もなく、とてつもなく激しい運動をし脱水症状にならない限りなかなか起きません。そして人間は1日に15リットルの水分を代謝する能力が備わっています。ですが、短時間に1〜2リットル飲むと下痢になる恐れがあるので、水分は分けて飲むことをオススメします。

まとめ

では一気にお話を進めてきたのでまとめましょう。

  • 水を多く飲むことによって、ダイエットの後押しをできるかも
  • むくみを改善するには、うまく代謝を促進させ循環させること。冷え性は要注意。
  • 水のデメリットは少ないが、大量には飲まないように注意。

といったところですかね。いやぁ、ここまで書いてきましたが、まだまだ水祭りが続くなんて本当に水は奥が深い…。そして、日曜日の朝から水について2時間以上も語れる、そんなGood Lifeの2人です笑

動きがあったほうが覚えやすいと思いますので、こちらの動画も是非ともご覧ください✨

次回は水の種類についてのお話になると思いますので、こちらも是非ともお楽しみに♪それでは皆さん水を飲んで、GoodなLifeをお過ごしください👍

に投稿

初デートの前は〇〇を飲むべし?!

どーもGood Life Channelです!

今回は普段からとても馴染みの深いある飲み物についてお話ししていきます!さて、その飲み物とは…

です。身近過ぎて意外かも入れませんが、実は水には驚くべき効果がたくさんあります!今回はここを深掘りしていきましょう!

ちなみに動画はこちらです✨

どの位飲めば良いの?🤔

筋トレや瞑想にも言えますが、その行為をやったほうが良いと分かっていたとしても『どれ位やれば良いのか?』という目安がないと進めませんよね?もちろん食べ物や飲み物もそうで、〇〇グラムという基準が欲しいものです。

では本題に入る前に、そもそも人間は1日にどれ位水分が奪われるのでしょうか?答えは、

2リットル以上

と、言われています。汗や尿などで水分が減っていくわけですが、この数値は思っているより多いのではないでしょうか。そして水分が減ってくるデメリットとして、

  • 集中力ダウン
  • 疲労感アップ
  • 認知機能の低下

などが起こるとも言われています。こうしたことを起こさない為にもやはり水が必要なわけですね。ではこの問題を解決するのにどれくらいの水分が必要かというと、

2.5リットル

です!大体このくらいを目安にネガティな感情が消え集中力が上がるらしいですよ。とはいえ、2.5リットルって結構な量ですよね…。そこでこの値をクリアするために、

どのタイミングで飲めば良いんでしょうか?

この答えは至ってシンプルで、

喉が渇いたなぁ

と思った時に飲めば、特に暑い日などを除き問題はないみたいです。ですが、今までの生活上「普段から喉が渇いた時水分補給してましたか?」おそらく他のことに集中してる時が多いので、そこまでできていないと思います。

メモの魔力』で有名な前田裕二さんも、[Water Minder]というアプリによって水分補給の管理をしているみたいなので驚きです!どうしても忘れがちなので、外部刺激などが重要になってくるんですね。

ですが、最終的に理想なのは習慣化してしまい自然と飲めるようになること。なので、最初はアプリに頼ったりするか、行動と結びつけて飲むクセを付けましょう

  • 寝ているときにも汗で水分は多く奪われているので『朝起きたら水を飲む
  • お風呂でも水分が減るので『お風呂から上がったら水を飲む
  • さらに、食事中に飲むことは消化を助けてくれるので『おかずを食べたら水を飲む

などなんでも良いですが、日常の行動と結びつけてあげるとやりやすいと思います。ただどれも重要なんですが、タイトルにもある通り1番飲んでもらいたい時があって、それが、

テスト』や『プレゼン』など重要な用事の前!

なんです。なぜかというと、水を300ml飲むとこによって、

  • 注意力が23%アップ
  • 記憶力が6%アップ
  • 気分が18%改善

など、驚くべき効果が発見されてるからです!上のようなものは非常に頭を使いますし、効果と相性が抜群なんですね!ですが、300mlは「トイレに行きたくなってしまう…」など不安もあるでしょう。そんな場合は約10分の1の25mlでも半分くらいの効果は出るので、少なくとも一口程度は含んでおくことをお勧めします。

ここからさらに発展した考察なんですが、

これはもしや、初デートにも使えるんじゃ?!』

という考えが爆誕しました笑!確かに初デートも緊張してなかなか頭を使うものです。そこでデート前に水を飲めば注意力が向上しきちんと相手と話せるし、会話の記憶も非常に重要です。さらに緊張などの気分が改善すれば、きっと楽しく素敵な時間が過ごせるでしょう♪

・まとめ

では、最後に今回のまとめです。

  • 水は思ったより減っていくもの。ネガティブな効果を避けるために2.5リットルは飲むべし!
  • 水分補給は忘れがちなので、外部刺激か日常とくっつけて習慣化してしまおう!
  • 頭を使う大事な前には必ず水を飲もう!恋愛も成就するかも?!

という内容でした。

水は改めてメリットが多く、今回だけでは紹介し切れていません。次回は美容篇と題して、水とダイエットなどの関係性に迫っていきますのでお楽しみにしててください✨

それでは皆さん、GoodなLifeを!👍