に投稿 コメントを残す

『水』第二弾![美容編]

どーも、Good Life Channelです!

先日から始まった水祭りですが、今回はお水と美容について話していきます。前回は『水と健康』と題して水から得られるメリットについてでしたが、今回はダイエットなどのお話です。

▶︎第1回動画

▶︎第2回動画

・水とダイエット

まず、水のメリットと聞いて『ダイエット効果がある」と思われた方も多いのではないでしょうか?実際モデルの方なども「よく水を飲んでます」と言っていたり、『水ダイエット』という言葉もあるくらいですからね。ではそれは本当なのか、見ていきましょう!

水の量を変えてみると…

まず一つ目なんですが、アメリカ人の普段1日に摂取する水の量は平均990mlらしいです。そこに230〜700ml飲む量を増やしてみると、総摂取カロリーが68〜205kcal減ったんですよ。この数字をどう見るかなんですが、皆さんは普段の食事からどのくらいのカロリーを摂取しているかご存知でしょうか?

摂取よりも消費が難しい…

例えば白米をお茶碗1杯分(140g)は、約235kcalです。なので効果の大きい人であれば、水を普段より多く飲むことでご飯一杯分近くセーブできることになります。ただ「ご飯1杯分なんて簡単に抑えることができる」と思われる方もいますよね?

そこで今度は運動に置き換えてみましょう。運動によるカロリーの消費量は皆さんご存知でしょうか?例えばウォーキングであれば、白米1杯分を消費するのになんと1時間半掛かります!非常に大変ですよね…。またサイクリングに置き換えるならば約30分なんですよ。これまたなかなかしんどい数値ですね。

上記のことから分かるように、運動でダイエットしようと考えてしまうと非常に効率が悪く大変です。ただ「運動は意味がない」と言っているわけではないので勘違いしないでください。運動には脳を活性化させたり様々なメリットがあるものの、「ダイエットには向いていない」ということです。そこで何が重要かというと、総摂取カロリーを抑えること。しかし人間は本能によって我慢することに向いていないので、自然と抑えることがダイエットには非常に重要なんです。

他にも食後にダイエット飲料を飲んだ人たちと水を飲んだ人たちを比較すると、24週間後に水を飲んだグループが1.2kg痩せておりました。ここでダイエット飲料は何を飲んだか定かではありませんが、おそらく水のほうが低コストかと思われます。よってメリットが定かではないダイエット飲料を飲むよりかは、多くのメリットが発見されている水を飲んだほうがいいような気がします。

ただし、これらは肥満の方であったりするので、健康的な生活を送っている人や体型の人に当てはまるかはわかりません。でも今肥満で悩んでいる人であれば、ダイエット飲料などに頼るよりも多くの水を飲んでみることの方が期待はできそうです。

女性の大敵、むくみ問題

女性の間では、夕方になると「むくんできて大変」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?では、むくみとは一体どんな状態なのでしょう。それはザックリ言うと、

皮膚の下に余分な水分が滞っている状態

なのです。水分が滞ると血液の循環も鈍るわけですから、きちんと栄養素が巡らないなどよくない影響があります。ですが、余分な水分が溜まってしまっているから膨れ上がったりしてしまうかといって、ここで水分を摂らない選択はしないでください。前回からも話しているように、体内の水分量が少なくなるデメリットが働いてしまいます。では、どうすれば良いかというと、

体を温めたり、発汗すること

溜まった水分をうまく外に逃してあげるには、汗をかくことが重要になってきます。上手に外へ出し、失った水分を補って循環を促しましょう。また体を温めることも非常に大切。よく冷え性で悩まされてる方も多いと思いますが、冷え性も循環が悪くなる要因。これから冷房など使っていくと思いますが、出来るだけ冷やさないようにしていきたいです。そのために適度な運動をすることはもちろんよく、他には白湯なども飲んだりして体内から体を温めてあげましょう。しかしここで注意点。

カフェインやアルコールはほどほどに

先ほど循環を促し排出が大事と言いましたが、上記の二つは利尿作用が働きすぎて排出されすぎてしまいます。カフェインはメリットが大きいながら、適度に飲んであげましょう。アルコールに関してもよくあるのが『トイレタイム突入』。呑んだりしていると、後半あたりからトイレに行く回数が多くなることは誰でも一度は通る道ですよね…笑。そこで失った水分をアルコールで摂取すると負のスパイラルまっしぐらですのでくれぐれもご注意を。

他にも普段の生活から、栄養バランスを整えたり、ストレスケアもむくみには効きますのでここも意識してあげましょう。

水を飲む際気をつけたいこと

これまで見てきているように、水はメリットの塊です。しかし唯一注意しなければならないことがあります。それは、

『水中毒』

これが何かというと、一度に大量の水を飲むことによって起こる症状最悪の場合死に至ります。しかしそこまで怖がる必要もなく、とてつもなく激しい運動をし脱水症状にならない限りなかなか起きません。そして人間は1日に15リットルの水分を代謝する能力が備わっています。ですが、短時間に1〜2リットル飲むと下痢になる恐れがあるので、水分は分けて飲むことをオススメします。

まとめ

では一気にお話を進めてきたのでまとめましょう。

  • 水を多く飲むことによって、ダイエットの後押しをできるかも
  • むくみを改善するには、うまく代謝を促進させ循環させること。冷え性は要注意。
  • 水のデメリットは少ないが、大量には飲まないように注意。

といったところですかね。いやぁ、ここまで書いてきましたが、まだまだ水祭りが続くなんて本当に水は奥が深い…。そして、日曜日の朝から水について2時間以上も語れる、そんなGood Lifeの2人です笑

動きがあったほうが覚えやすいと思いますので、こちらの動画も是非ともご覧ください✨

次回は水の種類についてのお話になると思いますので、こちらも是非ともお楽しみに♪それでは皆さん水を飲んで、GoodなLifeをお過ごしください👍